HOME>人気記事>もしもの医療ミス、困ったら相談先は弁護士へ

もしもの医療ミス、困ったら相談先は弁護士へ

聴診器

もしもの医療ミス、解決するには?

手術などで起こる医療ミス。医療ミスというのは、後に後遺症を引き起こす、また最悪の場合はミスにより命が失われる事もあります。では、もしも医療ミスで最悪のケースが引き起こされた場合はどうすればいいのでしょうか。まずは、医療問題に強い弁護士へ相談するのが1番だと言われています。相談できる診療科目にも制限がありません。しかし、原則として法律上の問題ではなく、医学上の問題だけである場合などは相談に応じることは出来ません。また、あくまで医療ミスによる法律問題の相談窓口では、医療機関の紹介や治療方法などの事に関しては相談を受けることが出来ません。

相談・受任の流れ

法律書

サイト、もしくは電話から相談申し込み・弁護士からの連絡

まずは、ホームページや電話から相談の申し込みをしましょう。相談から2日ほどで担当弁護士の方から連絡が来ます。

相談・打ち合わせ

担当弁護士との間で相談日の日時を調整し、相談案件の対応・処理について実際に相談していきます。相談・打ち合わせの費用等は担当する弁護士に直接確認するのがいいでしょう。

相談した上での意見交換

医療ミスの問題というのは、医学に関する専門知識が必要であり、また法律の問題としても難しい案件が多くなっています。しかし、実際に医療ミス問題の処理経験のある弁護士が担当してくれるので、安心です。また、裁判所に損害賠償を行なう際には、事前に「医療機関に法律上での責任を追求出来るか」という観点で協力医や複数の弁護士で意見交換をします。

広告募集中